*うまく行っていない時に自分に起こること*

うまく行ってないときに、誰にでも起こる怖いこと。皆さんもこんな状態を味わったことはありませんか?そんな時のちょっとしたヒントがありますよ。

  • 投稿者:田中よしこ
Happyは自分で創る。なりたい自分に誰でもなれる!
心と笑顔が美人になるカウンセリング・笑顔調律師カウンセラーの田中よしこです。

皆さんは”理想のご自分”で生きておられますか?

*Collet*のコーチングメニューではご自分のマインドを整えながら、具体的な未来プランを作成・いつでも実行できるご自分になるスキルを提供しております。

こんな恐怖を味わったことはないですか?

クライエントさんには2つのタイプでお越しになる方がおられます。
・もっと成長したい!目標を達成したい!と思われているクライエントの皆様
・○○で困っていてどうにかしたいと感じておられるクライエントさん達

あなたは今どちらですか?
ビジネスやプライベートでうまく行かないときに起こる怖いモードがあります。

それはモチベーションとセルフイメージのだだ下がりです。汗
分かりやすくいうと、やる気が起きないうえに、もうダメだと感じてしまうこと。

 

負のスパイラルの第一歩

負のスパイラルは、誰にでも起こりうる世界です。当然前向きな人や、仕事がうまく行っているときでもプライベートのマイナスに引っ張られてしまう人も多いのです。

特に起業家の皆さんは事業面でうまく行ってないときは

・自分は必要ないのではないか?

・このままずっとうまく行かないのではないか?

という考え方に囚われてしまって、”体勢の立て直し”を難しく感じておられます。

 

だからアドバイスをもらう

だからこそ、現状を乗り越える自分にあった方法を見つけることが大切ですが・・・やみくもに解決方法を見つけようとすると、改善できずに更なる負のスパイライルに入ってしまうという恐怖に。

この時期にものすごくお金を使ってしまったというお話を本当によく聞きます。

今の自分には「何が重要でなにが一番必要なのか?」「解決策を持っているのは何か?誰なのか?」

最適な質問と答えを探しだしてあげないといけませんよね。

どんな人でも一日は24時間しかありません。

だからこそ、その分野で結果を出しておられる先輩に指示を仰ぐのは大切です。

依存モードには要注意

この時に、よくご自分で確認をしていただきたいことがあります。

モチベーションとセルフイメージが下がっているときは、ついつい自分には難しい・できないと感じて全部他人にやってもらおうとすること。

そんな時は結果がでなかった事を他人のせいにしてしまったり、もっと理解をして欲しいという押し付けの態度が出てしまいますから、そんな時は他人に向いている意識をご自分に戻して「負のスパイラルの立て直し」をしてあげましょう。

選んだり、決断したりするのはご自分だということをどうぞお忘れなく。

誰から選ぶのかのヒント

世の中にはいろんな情報が溢れていて、逆に選びにくい・何を選んでいいのか分からないですよね。

私が参考にしている方法は、「自分がこうなりたいと思っている人から」もらう。

一番イメージに近い人を探すということです。魅せ方が上手な方、情報発信能力が高い方についつい目が行ってしまいますが、そこだけがポイントではありません。

例えば「仕事もプライベートもうまく行っている人」や「バランスよく仕事をしている人」、「がつがつしてなくてお金に余裕を持っておられる経営者」「いつも楽しそうに過ごしておられる人」「こんな雰囲気になりたいと思っている方」などなど。

様々なご自分の”イメージ”をお持ちだと思います。そのイメージに近い人を探すのです。イメージ通りの人からアドバイスをもらった方が、事実としてご自分の探している答えを持っている確率は多いと思われませんか?

まずはご自分のイメージをヒントにして答えの見つけ探しを楽しんでみるのは如何でしょうか?