幸せをはばむ”虚栄心”

頑張るビジネスパーソンの幸せをはばむマインドの一つ”虚栄心”。ご自分は虚栄心に振り回されていないか?確認してみませんか?

  • 投稿者:田中よしこ

頑張るビジネスウーマンの為のマインドコーチング
心と笑顔が美人になるカウンセリングサロン
笑顔調律師 田中よしこです。

皆さんは「”理想のご自分”で生きています」と自信を持って言えますか?

お客様に愛されながら、自然とご縁や仕事が拡がっていくビジネスを望んでおられる方のマインドコーチングをしております。
*Collet*のメニューではご自分の強みや資質を基に具体的な未来プランを作成・実行できるご自分になるスキルを提供しております。

あなたの幸せをはばむ”虚栄心”

私たちは誰しも、他人に対して”認められたい”・”良く思われたい”・”もっと好かれたい”などなど・・・色んな欲求を持っています。

だからこそ、ついつい良く見せたり、大きく見せてしまうという行動や言動を、知らないうちにとってしまうのです。この心を”虚栄心”と呼びますが、でも、この「よく思われたい」という心理があなたの幸せを阻んでいたら・・・ビジネスにマイナスに働いていたらどうでしょうか?

お心当たりのある方は、是非ご自分を見つめてみてください。

自分にしているひどいこと

虚栄心は”より良くみせたい”という心理の塊ですから、心の中では事実より良く言っていることが、ご自分は分かっておられます。

そうすると、良く見せようとする度に、「罪悪感」がセットでついてくることになる。

そしてそのままの自分も認められませんから、「否定」したり、「責める」という感情も一緒にしている状態なのです。

人に良く思われようとする度に、

「罪悪感」や「否定」

の感情をセットでご自分に与えていたら・・・

自信がなくなったり、穏やかな幸せな気持ちからはどんどんかけ離れてしまって益々”もっとよく見せなくてはいけない”・”このままではいけない”という焦りがついてきてしまいます。。。

これは、あなたにとって、ちっとも良い影響を与えていないと思われませんか?

次々と待ちうける負のスパイラル

そして次に虚栄心が強い人が知らないうちにやってしまうのが、”常に他人を持ち出す”という心理もあります。

頭では「自分は自分、人は人」と分かってはいても、他人との比較でしか「自分が自分であること」を認識できないのです。

他人よりも上でないと自分には価値がない、人より優れているという物の味方になってしまって「自分は他者よりも優れている、人よりも大きな存在である」と確認することによってのみ、安心を得られるという追い詰められた心理状況になっています。

他人と比べたりコントロールをするのではなく、自分を認め、他人を認められてようやく本当の意味での「マインドの自立」をすることになるのです。

このように、自分が知らないうちに持っている心の葛藤を抱えたまま目標に向かって走っても、私たちは本来の自分の幸せに集中することができません。

人の心は、あれもこれも抱えていっぺんに解決なんてできない様になっているのです。

今日の記事でなんだか自分も虚栄心を抱えているのでは?と気がつかれたあなたはラッキーな方です。

  • 自分にとってメリットはない
  • 見栄でつくった自信は実は自信を失わせている

この事実を正面から見つめて、他人を巻きこまず、是非丁寧にご自分を見つけてあげてくださいね。