『不安で辛い!』あなたに伝えたい4つの思考の整理術!

考えても仕方がないことは分かっているのに、ちっともキリがないのに、同じことばかりぐるぐる考え続けてとてもしんどい。こんなあなたに知っておいてもらいたい思考整理術です。

  • 投稿者:田中よしこ

おはようございます☆
お金にモテるマインドコンサルタント田中よしこです。

お金や人、運を味方にして
本当の自分の人生を手に入れる

あなたが選ぶ最適な選択で
ため息の毎日から上質な人生に
そんなマインドがセッティングできるメソッドです。

 

 

不安を感じているあなたに・・・

 

毎日、不安なことばかり考えている。

  • 将来のこと
  • パートナーのこと
  • 健康のこと
  • お金のこと
  • 結婚のこと
  • 子供のこと
  • 親のこと
  • 他人がどう思っているのか?
  • 嫌われてはいないのか?

などなど・・・

考えても仕方がないことは分かっているのに
ちっともキリがないのに、
同じことばかりぐるぐる考え続けて
とてもしんどい。

こんな自分に疲れてしまったし
嫌気もさしてしまっている・・・

あなたは今、こんな状況ではありませんか?

 

これって本当に辛いですよね。。。

 

今日はそんなしんどい毎日を過ごしているあなたに
今の状態から抜け出すべき

『4つの思考整理術』

をご紹介していきます!

 

どうすればいいのか分からない・・・
この状態もまた、不安を倍増させてしまう状態なのです。

 

どれも簡単な思考の整理術なので
あなたにも出来るはず!

不安につかまってしまっている・・・
こんな方は是非、
毎日に取り入れてみてくださいね。

 

『不安』の感情で
知っておいて欲しいこと

 

実は不安に種類はない

 

まず覚えておいてもらいたいことは、”不安がるタイプ”の人は

例え何かの問題を解決したとしても、
次の不安を探してしまう・・・

こんな思考のクセを持っていることに気が付かないといけません。

 

例えば
病気になったら、治るのか心配。

病気が治れば、またなったらどうしよう?

別のことが重なったらどうしよう?

親が倒れたらどうしよう?

こんな風に次つぎと”不安集め”をしてしまう

 

その証拠に心配性の人はこんな特徴があります。

  • いつも何かしらの心配をしている
  • 自分のこと以外の人も心配をしている
  • 世界情勢にまでふりまわされる
  • 愚痴などのネガティブなことばかりを口にしているこういった特徴があります。あれ?もしかして”自分のことかもしれない”なんて思った方はおられませんか?

 

不安は本来は”イイモノ”である

心配や不安は何故出てきてくれているのか?

あなたの本心は
「もっと安心して過ごしたい」
こんな想いを伝えてくれているだけなのです。

私たちは不安があるからこそ、
危険から身を守ったり、
自分の生活を守ったり、
様々な安全対策をとることができます。

まったくの安全地帯でのんびり過ごしていると、不安要素にも気がつけず、緊張感のない人生を過ごすことになり兼ねません。

そして現実問題、100%確実なことは何一つないのですから、

”常に安心を感じたい”というのは

不可能な望みを自分が言っているのだ
ということにまず気が付くべき所なのです。

そして他人がどう思っているのか?
これも同じこと。

『分からないことを考えても、永遠に分からない。』
『無駄なことを考えれば考える程、負のスパイラルにはまる』

この法則を覚えておきましょう!

Rule1
~長期的な視点を持つ~

 

今の怖いこと・心配なこと
「だけ」
に囚われてしまうと、
誰でも不安につかまってしまいますよね?

いつも私がクライエントにする質問があります。

それは
「あなたは未来が見える人なんですか?」
という質問です。

全員が
「視えません」
「分かりません」
と答えます。

いい未来か悪い未来か—-これは確率で言えば50/50です。

にも関わらず悪い未来「だけ」を見て
怖がったり不安に思っている。

なんだかおかしいですよね?

 

 

漠然と考えても何もならない

漠然とした未来をなんとなく考えて、どうすればいいのか分からない・・・

なんだか分からないけど、なんか怖い

”漠然と”ってこんな感じなのです。

もしあなたがお友達からこのセリフを言われたら・・・
「何が?」
って言いませんか?(笑)

まずは自分の怖がっている”正体を見つける”覚悟を持ちましょう!

「私の不安は○○なんだ!」
このポイントが見つかるだけで・・・

今はキーワードからネットで検索もできますし、
色んな分野の本も大量に出版されていますよね?

漠然としている→何かが分かる

これだけで、自分が次に行動すべきことが見つかってくれるのです。

Rule2
~背負い癖に気付く!~

不安なことばかりを見ている人は、

自分一人でどうにかしないといけない・・・
頼れる人は誰もいない。

だけど、自分一人ではどうしようもない。

こんな思考にはまっている人が多いです。

問題の種類には、

「自分で出来る問題」と「そうでないこと」があります。

 

常日ごろから自分が

 

  • 人にお願いするのが苦手
  • 頼まれたら「イヤと言いにくい
  • 無理をしてでも相手に合わせてしまう

 

こういった自分で過ごしていないのか?をまず気が付いてあげましょう。

 

 

その上で、何から解決すればいいのか。

 

  1. まず時系列にして不安を書き出す
  2. 書き出した中から、一番早く取りかからないといけないことを見つける
  3. ②の問題は自分でできるのかできないのか?
  4. できない場合は誰に対処法を聞けばいいのか?

この順番で取りかかって行きましょう。

この作業で、

「今考えなくてもいいことがたくさんあった」

こんな感想を持つ人は結構おられます!

Rule3
~人の意見に流されない~

不安にとらわれがちな人は、とにかく
「人が言う事・発言」が気になってしまう・・・

こんな風に感じている人も多いのです。

結婚は?
そろそろ子供は?
いつまでも若くないんだから・・・
正社員を探さないと!
今のままでいいと思っているの?

う~ん、他人が言ってくれていることは、親切心からなんでしょうが
これではいつも人のペースで自分の人生を歩くことになりますよね。

これは

「自分の幸せ」<「人の意見」

こんな図式になっちゃって、他人の言葉に振り回される人生になってしまいます。

こんな事態に陥っているという方は
この質問を自分になげかけてみてください。

「○○さんが言ったことで、不安になってしまってないか?」

他人は色んなことを言う割には、発言そのものや
あなたの幸せに責任を持ってくれるワケではありません。

しんどい思いをしているというあなたは
この機会に他人の発言と自分の意識は切り離して考えてあげられる自分になりましょう。

Rule4
~バランスよく物事をみる~

それからここも欠かせない、大切なポイントです。

不安に囚われてしまうと、
「全てが悪い方向」
へと、自分の視点が偏ってしまうのです。

例えば、

病気になったらどうしよう?→働けなくなる→お金に困る→ものすごく不幸な将来

とか

恋人と別れた→もう誰とも付き合えない→私はこのまま一人だ→私は誰にも愛されない・幸せになれない

これは極端でもなんでもなく、実際にクライエントさんが口にされた事例でもあります。

 

「今よくないことが起こっている」

「今不安を抱えている」

だからと言って

「将来も良くない」

「自分は幸せになれない」

 

これはまったく別問題ですし、事実でもありません。

 

もし、病気なのだったら、治療に専念しながらどうやって穏やかな自分で過ごすのか?

恋が終わったのだったら、どう自分を慰めてあげるのか?

そして、治療が受けられることや、
慰めてくれたり、話を聞いてくれる友人がいてくれたり、
今の状況でも感謝できるポイントが必ずあります。

困ったことだけにフォーカスして、不幸な未来を描き、
不安をどんどん拡大させいているのは
他でもない自分の思考が犯人だったりするのです。

~最後に~

何故不安な気持ちがなくならいのか?
それは答えは簡単!

私たちは「答え」がない限り、不安なのです。

 

だからこそ、

  • ○○をすればいんだよね。
  • 今はここからやっていこう!

自分なりの

納得する答えor解決方法を見つけてあげる

ことこそがあなたに安心を与えてくれます。

あるお金持ちの方がこんなことを言っていました。

「私は貧乏になっても、生きている限り
ここまで這いあがれるから
ちっとも不安じゃないんです」

生きていればなんとなかなる

この思考を心から信じられていれば、
確かに何も怖くないですよね(笑)

 

結局のトコロ、不安を持っていても
問題は解決しないということです。

 

よく分からない将来のために、今の時間まで無駄にすることは
果たして自分の人生の中でどんな役にたっているのか?

 

不安に怯えながら縮こまっているあなた。
いつまでその自分と付き合っていきますか?

いつまで付き合っていたいですか?

自分の未来は自分で舵を切ってあげてくださいね。