*私ばかり我慢していると思っているあなたに*

Contents1 私ばかり我慢しているって 思っていませんか?1.1 心はずっと訴えかける1.2 知らないうちに許可制になっている1.3 〇〇〇から、未来が変わる!1.4 許可を出せないとどうなるのか?1.5 関連記事 […]

  • 投稿者:田中よしこ

私ばかり我慢しているって
思っていませんか?

おはようございます^^

自分を整え、未来を変えて、幸せを手に入れる
本質的な切り口から行動を改善して
理想の未来を引き出す

思考改善・自分確立メソッドカウンセラー
田中よしこですキラキラ

当サロンは
再現性のあるオリジナルのメソッドで

ご自分のチカラで思考の整理と
行動改善ができるようになる
カウンセリングサロンです乙女のトキメキ

 

サロンに来られているクライエントさんの中には
本当に大きな変化を手にしている方も
たくさんおられます。

パニック障害などで
家から出るのもしんどい
状態だったのに

いろんな行事や、
今まで苦手だったことを
心から楽しめる様になったり、
美しい景色に感動をしたり・・・

そんな毎日って本当に素晴らしいですよね。

 

そして何より
それくらい幸せな自分になりたい!
と強く思って行動をされたということでもあります。

それはすべて
ご自分の努力成果。

 

先週来られた方達の
言葉の一部をご紹介します。

———————-

8年近く○○に通っていたのですが、変化が感じられず落ち込んでいました。
そんなとき田中さんのブログに胸を打たれて、勇気を出して申し込みました。

お話される内容が初めておうかがいすることばかりで感動。
そして納得できることばかりでした。

”今の状態は、自分が考えてきたことの結果”という言葉が深く心に残っています。
出していただいた課題、絶対にやった方がいい、やりたいって心が言っています。
(30代 N様)

———————-

私、自分の向き合い方を手に入れたからもう大丈夫だって感じられています。
大きなウロコを落としてくださってありがとうございました。

”まだ大きいウロコがあるよ”って言われたのがちょっと気になりますが
後から出てきたお楽しみにしておきたいと思います(笑)
(20代 Y様)
———————-

私の心の声が、聞けて、凍っていた気持ちが溶けていくようでした。
ものすごく、ものすごく暖かい気持ちが持続しています。

本当にありがとうございました。
(30代 N様)
———————-

 

皆さん、”心”の声を聞いたり
心の声を今までは気づけなかったのに、
気づき方や、受け止め方が分かったから
あったかい気持ちが出てきたり
安心したりできているんですね^^

心はずっと訴えかける

 

心に逆らうと、

あなたの心は
分かってくれるまで

ずっと色んなことを
人生を通じて教えてくれようとします。

 

「自分だけの幸せなルール」

あなたも見つけてあげてくださいねゆめみる宝石

 

知らないうちに許可制になっている

今日は我慢している方が
知らないうちにやっている

「許可制」
についてのお話です。

 

 

一体何を許可制にしているのか?

あなたも自分の許可を
確認しながら読んでくださいね。

 

例えば

”私はいじめられた人間だから人には好かれない”

”人は苦手です”

”私は貧乏だったから金持ちにはなれない”

とか、

”私には学歴がないから成功するワケがない”

”東大の人達より劣っている”

とか、

”私には自信がないから愛される資格がない”

まだまだあります。汗

”あの人も頑張っているから私はもっと頑張らないといけない”

などなど
書いていくとキリがない。。。( ;∀;)

 

幸せになること・自分を認めることに

「何かの許可や理由」

を求めていませんか?

 

 

いじめられていたら
その過去に沿った自分で
何かを決めないといけないのでしょうか?

 

その設定
いつまで抱えて生きていたいですか?

 

あなたの人生
いじめた人間のさじ加減に
振り回されていいのですか?

 

貧乏な家の人は
ずっと貧乏なまま
生きないといけないのでしょうか?

 

あなたはお友達や大好きな人たちに

「あなたの家は貧乏だから
ずっと貧乏モードでないと嫌われるよ」

って言えますか?

「あなたの家には関係なく
あなたのことが大好き・大切だ」

と言える自分の方が気持ちよくないですか?
好きではないですか?

 

人には優しい言葉をかけたり、思っているのに、
どうして自分には平気で
心無い言葉をかけてしまうのか?
言ってしまうのか?

 

人は色んな好きなことを言いますが

人生や生き方を
指図される筋合いはありませんし

あなた以外には、そんな権限はありません。

 

 

私も幼少期はなかなかの
思考の偏りを抱えていましたが

もし、私が未だに

「私は○○な人間だから幸せになる資格はないんです」って

許可を出せずに、
色んなことを修行のように頑張っていたら
一体だれが幸せになりますか?
ってことなんです。

自分はモチロン、周りの人も
ちっとも幸せを感じられないはずです。

 

自分を苦しめる縛りは
”自分で”丁寧にほどいてあげることが大切まじかるクラウン

 

まずはあなたが
どんな許可を出せていないのか?
見つけてあげることから始めるのが
正しい順番です。

やり方はご自分に合った方法が必ずあります。

〇〇〇から、未来が変わる!

知らないうちに自分を苦しめていることを
考えている・やっている
ここに自分で”気付ける”ようになって

初めてご自分の視野が拡がり
今までとは違う景色や情報が
見えてきます。

 

許可がスッキリ取れて
お金をどんどん手に出来る自分になれたり
好きなことを楽しめたり
稼ぐ楽しさや幸せを実感できたり札束

 

たくさんの方が

毎日をもっともっと充実したものになっておられます。

 

クライエントさんのご感想を総評すると、

ワクワクされる方も
もちろんおられますが、

”穏やかで安心感のある日々”
が共通されて感じられる毎日のようですおすましペガサス

 

 

許可を出せないとどうなるのか?

自分が許可を出せないと、いったいどうなるのか?

幸せになることや
自分を認めることに
知らないうちに
理由を探したり、何か(誰か)の許可を求めていると・・・

あなたは嫌だと感じていても、
自分を今の状態に引き止めてしまうのです

 

これは許可だけにとどまらず、

自分は○○だからいつも立派でないといけない

という無理をして頑張るmodeに
突入してしまうので要注意です!

勝手に頼まれてもいないのに、
頑張りすぎて
周りの人に腹を立てたり、
誰も自分のことを分かってくれないなんて
ついつい感じてしまうんですね。。。

 

立場があるから
困っている様子を見せてはいけない
強気のキャラを崩せない

などなどの
許可が出せない場合も同じです。

 

例えば

私の場合で言えば

私はカウンセラーだから悩んでいる姿を見せてはいけない

とか

会社員の方も、

私の方が立場が上だから
人に頼ってはいけない
弱音を吐いてはいけない
こんな姿を人に見せてはいけない

なんて声も多いのです笑い泣き

協力してもらった方が
自分にも周りの人にもいいのに、
にも拘わらず、です。

思い込みって本当に怖いですよね。

 

私のサロンには起業家さんも
多く来られているのですが

「私は○○だから、頼めないんです」
「イメージがあるから見せられない」

なんて普通におっしゃるんですね。

私が昔会ったことがある方のなかにも、

婚活系の仕事の人が
自分の家族仲の悪いのを見せずに
幸せそうに見せていたり

 

マナー講師なのに
高飛車で挨拶が感じが悪い
なんて人もおられます。

 

自分の地位が
あなたの幸せを縛っていたり
問題と向き合うのを避けているのだったら
それってあなたにとって
必要なモノなんでしょうか?

 

あなたがしがみついているものが

「あなたの幸せ」を

奪っていませんか?

 

こんな状態は
エゴや人目ばかりを気にしている
ご自分になっているサインですから
あなたの心が
大切なことを教えてくれています。

 

どんな人でも

人に頼らないと生きていけないし、

完璧な人はいないんだし、

だからできないこともあって当然なんです。

だから素直な気持ちを皆さんに
伝えてもいいのです。

 

弱みをみせることにも
誰かや何かの許可は必要ありません。

 

幸せになることも
弱みを見せることも
今、幸せでない状態を
人に話したり相談することも
なんの許可もいりません。

 

クライエントさん達は
みんなみんな
今の自分の認めることが”できてから”
その後で幸せがやってきてくれていますキラキラ

 

認めることって
最初は勇気が要りますが
できるようになってしまえば
こんなにラクな生き方はありませんウシシ

 

取り繕ったり
隠すという概念が
すっかりなくなってしまうのです。

 

私も壁が出てきたら

これは”次回のブログに書こう”

とか

”あのクライエントさんに是非この話を言ってあげよう”

とか

隠そうとか避けようとするのではなく
乗り越えてネタにするモードで
毎回有難く使わせてもらっていいます^^

 

そうすると

自分がこだわっていた大きなことが
とっても小さなコトに
なっちゃうんですよねウシシ

 

あなたを窮屈にしている

「許可の数々」

一緒に見つけてみませんか?